*

ピボットテーブルを活用したテンプレファイル作成のすすめ【エクセル】(後編)

 

前回の、ピボットテーブルを活用したテンプレファイル作成のすすめ【エクセル】(前編)の続き。

前回は、ピボットテーブルの作成でした。複数の項目を横並びにすることができ、表を見やすくすることができました。
ここからは、このファイルをテンプレ化します。

9.まずは前編で使ったデータを消します。

データ貼付け用シートにあるデータを項目の列を残し、全て消し
ピボットテーブル更新用シートのピボットテーブルを更新しましょう。
※項目を消さなように注意!


元データがなくなってしまったので
ピボットテーブルもこのようになってしまいました。
なんだか悲しいですが、でも大丈夫です。

10.この状態でテンプレで保存します。


このファイルを、名前をつけて保存の際に、Excelテンプレート(*.xltx)の形式で「テンプレ」として保存しましょう!
※この形式で保存しようとすると「Templates」フォルダに保存される場合があるので、保存先はデスクトップなどわかりやすい場所を指定しましょう。

💡 ポイント
テンプレのファイルで、データを作成して保存ボタンを押すと、「名前をつけて保存」のポップアップがでてきて、別ファイルとして保存され、元のテンプレファイルは上書きされません。雛形などはテンプレ保存がおすすめ!(テンプレ保存はワードやパワポでも可能)

11.一度、ファイルを閉じ、再度開きます。

新しく、さきほど使ったデータではない、別の月のデータをダウンロードし、
「シート1枚目にデータを貼り付け」⇒「シート2枚目のピボットテーブルを更新」してみてください!あっという間に、集計ができました。

※テンプレを作成する段階で、指定範囲など間違えると、毎回データが間違ってしまうので、テンプレ作成時は何度か色んなデータを入れてみて確認しましょう!

以上です!

これでダウンロードするデータの項目数や項目名などが変わらない限り、いつでも集計がすぐに完了します。最初は少し手間ですが、よく使うファイルはこの方法で集計ファイルを作っておくと時間短縮になります。

またピボットテーブルを使わなくても、作業用のシートと表示用のシートを分けて管理することで
・管理しやすくなる
・表が見やすくなる
・時間短縮できる
など沢山メリットがありますので、色々な方法をお試しいただき、大事な時間を別の作業にあてられるよう工夫してみてくださいね!

 

💡 その他の アフィリエイトでエクセルを活用する方法

➡ アフィリエイトBの会員登録はこちら
➡ アフィリエイターさん必見!アフィB公式LINEスタンプ
➡ 広告主として資料請求するならこちら

関連記事

afb人気コーナー『アフィリエイトの先生に学ぶ 』第2回の先生は・・?!

  みなさん、こんにちは! まーくんのアフィリエイト学校の人気コンテンツ『アフ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • follow us in feedly

PAGE TOP ↑